アンケート集計結果
ご協力ありがとうございました。
新制度に関する利用者アンケート集計.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 180.8 KB
利用状況集計
現在の利用状況の簡易集計を行ないました。
ウィズチャイルド利用状況集計.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 235.8 KB

2014年

5月

29日

アンケートへのご協力ありがとうございました

先般からお伝えの通り、当社はウィズチャイルド3園の認定こども園化を目指しています。しかしながら、新制度にはまだ決まっていない事や、不完全な事がたくさんあります。制度が変わっても保育内容には変わりありませんが、利用時間や保育料や細かな融通性の部分で、様々な課題がありそうなのが現状です。当社が新制度の活用を決断する上で、とても大事な要素が2つあります。それは①現状よりも不利益を感じるご家庭が出ないようにする事、②現状よりも保育料が高額になるご家庭が出ないようにする事。当然ながら、最終的には全てのご家庭にとって不利益がないという保障を国や市からいただけなければ、新制度で認定こども園になることはできません。その辺について今後市と前向きな折衝を重ねていかねばなりません。そういうわけでまだ決断はできませんが、引き続き、皆様にとっての最善の利益を追求して参ります。

 

2014年

5月

29日

アンケートからわかる事

アンケートからわかる事は、まず市の実施したニーズ調査では認証保育所の利用者ニーズを拾いきれていない事、それが向こう5年間の保育計画には現時点では反映されていない事である。

それもそのはず、先日の会議資料を見る限りでは、認証保育所の認可化(認定こど園化)は想定されていなかったのだろうから。

しかし、多摩市は、制度に則り認めるとこの度約束をしてくれました。

そして、これから、認証保育所利用者や事業者の声をしっかり拾ってくれる事も約束してくれました。具体的には、視察に来たり、市の方から事業者へ招集をかけるなど、具体的行動に出る事を約束してくれました。とてもとてもありがたい事です。そういった事もまたお知らせしていきます。(→6/20この発言は覆されました。)

 

また、約3割の方が認可保育所への入所申込みの経験がある事(認証では5割以上がそうであるケースが多い)ウィズチャイルド利用者の中の認可保育所の利用ニーズがどの程度あるか、等がわかりました。/おわり

新制度に関するアンケート

新制度に関するアンケート.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 125.5 KB

子ども子育て支援新制度について、別項目で紹介していますが、皆様にご協力をお願い致します。

この度、全自治体で新制度活用へ向けニーズ調査を行なう事が義務付けられた事を受け、多摩市でも、今後の保育所整備に大きく関わる、新制度下での潜在保育ニーズ量を算出するべく、市内の就学前児童のいる家庭1,150家庭を無作為抽出し、ニーズ調査を行ないました。その集計結果として、多摩市は「これ以上認可保育所の整備は必要なし」との見解を4月時点で下しており、同時に「多摩市の認証保育所は新制度施行後も新しい認可保育所にはしない。」との市の意向が示されました。新制度下の保育所になれば消費増税分から当てられる社会保障費(国費)が子育て家庭の保育料補助として入ってくる事になります。早い話が保育料負担が軽減されるという事です。当社としても新制度下に入り、皆様の保育料負担の軽減を実現しようと兼ねてより新制度の活用について市に相談を持ちかけておりましたが、その道を市が独自に閉ざしてきました。ここが大事なところですが、新制度では、当社3園はいずれも認可保育所にも認定こども園にもなれます。にも関わらず道を閉ざす理由は、市の担当職員が新制度の根本を理解していないからにほかなりません。ニーズ調査の集計の読み込みひとつにしても非常に不確実なものであると当社は捉えております。今後の市への働きかけの為にも、皆様からもひとつ情報をいただきたいと思います。添付するアンケートにぜひお答えいただきたくお願い申し上げます。

 

            株式会社ウィズチャイルド 代表取締役田中鉄太郎