エレメンタリークラス(卒園生のクラス)

月1回土曜 14:00~16:00 要登録!
 次年度のエレメンタリークラスは4月23日、幼保園・みなみ園の各園にてモンテッソーリ教室(刺繍返還式)を行ないます。
ウィズチャイルドでは、卒園生を対象に、少し進んだモンテッソーリの「おしごと」や科学実験教室を催しています。

2019年

6月

22日

6月 幼保園 「雑音筒を作ろう!」

続きを読む

2019年

6月

08日

6月 みなみ園「葉のかたち」

私達の身近にある『葉』についてみんなでお仕事をしました。葉には色々な形があることや、働きがある事を話し合った後、葉の観察ノートを作りに公園に出掛けました。

わくわくした気持で出発!道端の草花に釘付けで、葉を探し始めました。「葉っぱ、いただきます。」とご挨拶をしては摘み取り、「これは、らんけい?」「う~ん、むずかしいなぁ」「はりじょうがないなぁ…」と言いながら、時にはみんなで相談しながらノート作りを完成することが出来ました。

公園でお気に入りの葉の形を持ち帰り、“Myしおり”が完成。みなさんの個性がキラッと輝く作品となりました。

ご家庭で使って下さいね。

 

次回は、科学実験教室です。みなさんに会えるのを楽しみにしています。

続きを読む

2019年

6月

01日

6月 こども園 「ステンシルでデザイン」

今回はステンシルにチャレンジしました。

自分で好きな形の型を作り、白いバックやポーチにスポンジで布用絵の具をつけて「トントントン」と叩きました。

型を押さえる人、色をつける人とペアになって慎重に慎重に・・・。

どの作品もとても丁寧につくられ満足感と達成感を感じたと思います。

 

完成した作品を乾かしている間、ティータイム。

 

三原色から好きな色を作ったステンシルバック。保育園で沢山やっていた色水で好きな色を作るおしごとがとても生かされた時間になりました。

続きを読む

2019年

5月

25日

5月 科学1年生『はじめての科学実験』

続きを読む

2019年

5月

25日

5月 科学2・3年生『電磁石』

続きを読む

2019年

4月

27日

みなみ園 刺繍返還式

久し振りに1年生から3年生が揃って、ひかりのお部屋でおしごとを楽しみました。「何にしようかなあ?」とじっくり考え棚から運んでくると、くつを磨いたり、刺繍をしたり、銀行ごっこをしたり・・。懐かしさを感じながら、そして会話を楽しみながら楽しい時間を過ごしました。

 

刺繍の返還式では3年生が司会をし、好きな教科や好きな給食のメニューを発表したりと和やかな時間を過ごしました。また、1年生から「1年間飾らせて頂いてありがとうございました。」と2年生の元へ刺繍をお返しし、2年生達は懐かしそうに眺めていました。

 

次回は、5月25日土曜日で科学が幼保園であります。またお会いできることを楽しみにしていますね。 

続きを読む

2019年

4月

27日

4月 こども園「新聞作り」「お楽しみ」

3つの学年が初めて集うエレメンタリー。

 

今日は最初に小学校を紹介する新聞を作りました。新入学、進級で伝えたいことを沢山書き込んでくれました。

 

それから光るプラバンキーホルダー作り。じっくりデザインを考えてから書き始める姿に成長を感じました。1つ1つ工夫したこだわり部分があり、お友だちとの会話も弾んでいました。

 

最後は、フルーチェパフェを作ってお楽しみタイム。3つのグループに分かれてフルーテェの作り方を箱の裏面を読み自分達で完成させました。

 

次回もワクワクする時間を準備してお待ちしています。

続きを読む

2019年

4月

27日

4月 幼保園「おしごと・刺繍返還」

4月27日に2019年度、初めてのエレメンタリークラスが行われました。

 

新1年生は、約1ヵ月ぶりの幼保園でしたが、

「懐かし~」「椅子ちっちゃい!」と環境を懐かしんでいました。

 

 

今回のテーマは、「おしごと・刺繍返還式」。

前半はおしごとをたくさんしました。

 

用意したおしごとの中で特に人気だったものは、アイロンビーズ、お茶のサービス。

アイロンビーズは、好きなキャラクターや恐竜、形を作って自分たちでアイロンをかけました。

お茶のサービスでは、お茶を急須で入れ、お友だちにサーブしました。「どうやるんだっけ?」と言いながらも、少しやり方を見せるとすぐに思い出したようで、次々といろんな人がしていましたよ。

 

初めは少し緊張したような面持ちのこどもたちでしたが、おしごとをし始めると、あれもこれもと、とっても楽しんで活動していました。

私たちも、みんなと一緒におしごとをしていた頃を思い出し、懐かしいなととっても嬉しくなりました!

 

 

 

そして後半は、刺繍返還式をしました。

 

幼保園を代表して、1年生から「今まで飾らせていただきありがとうございました」と、2年生へ、刺繍を返還させていただきました。

2年生は、「これ頑張ったよね」「刺繍したことなんて忘れてた!」と、久しぶりに手にした刺繍をじっくり見ていましたね。

 

ぜひ、お家に飾ってくださいね!

  

 

 

次回は5月25日に科学のエレメンタリークラスがあります。

みなさんのご参加を楽しみにしています!

 

続きを読む

2019年

2月

16日

2月 科学「かたち」

今年度最後のエレメンタリークラス科学は、

「かたち」というテーマで行われました。

 

始めにしたことは、

ミョウバンをお湯に溶かし、その溶液を冷まして置くと結晶になるという実験でした。液体が固体に「形」を変える…ということでしたが、こちらは時間も足りなかったせいか、失敗してしまいました。

しかし、利男先生から今年度最後ということでいろいろな結晶のプレゼントがありました!くじ引きをしてどんなものが当たるかはお楽しみ、ということでこどもたちは盛り上がっていましたよ。

 

次に、日光写真をしました。印画紙に黒い紙を乗せ日光に当てます。10分程してから、当て布をしてアイロンをかけると…黒い紙の「形」が印画紙にきれいに映るのです。これにはこどもたちもびっくり。なんで?なんでなの?と不思議そうにしていました。

 

3つめは、万華鏡作り。筒を好きな模様に装飾して、自分だけの万華鏡ができあがりました。筒の中を覗くと、綺麗なビーズが鏡に写って様々な「形」を織りなします。回し方によって形は様々に変化するのでしばらく覗いている人もいました。

 

最後は、デザインルーラーでお絵かきをしました。

歯車にボールペンを当ててくるくると描くと、規則正しい曲線が生まれ、花やレースのような「形」になります。コツをつかむまでに時間がかかりますが、優しくゆっくり描くといいという発見もありました。教室がシンとするほど集中していましたよ。

 

田中利男先生、 

今年度も楽しい科学の時間をしてくださり、ありがとうございました。

来年度はどんな科学実験をするのか楽しみですね!

 

 

3年生は今回で最後の回でした。3年間、参加して下さり、ありがとうございました。

またいつでもお顔を見せに遊びに来てください!お待ちしています。

 

1年生、2年生は、来年もエレメンタリークラスに是非ご参加下さいね!!

 

続きを読む

2018年

12月

08日

12月 みなみ園 「みんなで楽しいクリスマス」

みなみ園で久し振りのお友達と再会し、抱き合う中、エレメンタリークラスが始まりました。

 

「小さな椅子だね」

「あっハンドベルだよね」

「この音の時、一緒に鳴らすときれいな音がするんだよね」

年長の頃を思い出しながら、時には笑いながら、そして真剣な顔つきで音を部屋いっぱいに響かせた練習時間でした。

 

笑いいっぱいに包まれたオーナメント作りでは、個性溢れる作品に仕上がりましたね。自分で考えて作る素敵な時間でした。

あっという間にクリスマスパーティの始まりです。

練習したハンドベルの音色を、お母様やお父様方に聴いて頂きました。

少し緊張したお顔のお友達、嬉しそうに音を響かせるお友達、お互いの音を聞きながら素敵な演奏になりましたね。

 

ホットケーキに生クリームやチョコのトッピングをしたり、ヨーグルトのパフェを自分達で作ってお腹いっぱい頂きました。

 

小学校では、楽しいことや好きな授業のことのお話を聞かせて頂きました。心も体も大きく成長して、驚きと喜びでいっぱいのエレメンタリークラスでした。

 

次回は、2月にエレメンタリー科学があります。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

続きを読む

2018年

12月

08日

12月 幼保園 「クリスマスを楽しもう!」

タイトルの通り、今日のエレメンタリークラスは、ちょっと早いクリスマスを楽しみました。

 

 

 

クラフトコーナーでは、

キャンドルボトル、切り紙、ガーランド、飛び出すクリスマスカード作り。

自分がやりたいクラフトを選び、作業開始。

手を動かしながら会話も弾み、賑やかな2時間でした。

 

 

そして、スコーン作り。

今年のスコーンは、3つの味の中から好きな物を選びました。

プレーン、ココア、抹茶。

「どれにしよう・・・」「ココア!あ、やっぱり抹茶!」

 

 

人気のフレーバーは・・・・・ココアでした!!

 

 

 ハンドベル演奏は、「あわてんぼうのサンタクロース」です。

自分達で音を決めて練習をしました。

 

 

クラフトが思ったよりも盛り上がり、なんと、ハンドベルの練習時間は15分!

大慌てで練習をしましたが、

お家の方に発表するときには綺麗な音色が幼保園に響きました。

 

ご参加ありがとうございました!

 

 

2月には、今年度最後のエレメンタリークラス科学があります。

みなさんのご参加お待ちしています!! 

続きを読む

2018年

12月

01日

12月 こども園 「アドベントカレンダー」

今日から使えるアドベントカレンダーづくりをしました。

 

久々に仲間と会えて嬉しくて作業の手は止まってもおしゃべりは止まりません。

 

同じ作業をしていても男の子は使いやすさ重視でつくるカレンダー、女の子はデザイン重視でつくるカレンダーと、どちらも本当にワクワクするアドベントカレンダーが完成しました。

 

ちょっとブレイクしてから、お友だちの作品を鑑賞。

みんなちがった、面白いこだわり部分があって頷いたり笑ったり大忙しでした。

 

少し会わない間に、歯が抜けたり背がグンと伸びたり・・・そんな事を友だち同士で見つけあって、とても温かな時間でした。

続きを読む

2018年

9月

22日

9月 科学クラス

続きを読む

2018年

6月

23日

6月 幼保園「構成三角形を作ろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月のエレメンタリークラスのテーマは、「構成三角形を作ろう」でした。

 

『構成三角形』とは、

モンテッソーリ教育の中の感覚教具のひとつで、視覚や触覚という感覚を通して楽しみながら形というものに触れるおしごとです。

 

 

 

構成三角形の箱は、6パターンありますがそれぞれに目的が違っています。

まずは、1つ目の箱(三角形でいろいろな四角形ができるもの)をしてみました。

 

2つの直角二等辺三角形の底辺を合わせると正方形になるところで、

「えっ、そうなの!?」と不思議そうな声や、「知ってる!」という声も。

 

 

 

そこから、自分たちでたくさん遊んだ後、構成三角形を作り始めました。

 

 

自分で決めた三角形の型をとってハサミで切ります。

黙々と手を進めている時の真剣な顔。

毎日、一緒におしごとをしていた頃が懐かしいな・・・

 

 

最後は、保護者のみなさんの前でお気に入りの形を発表して終わりました。

 

 

自分だけの構成三角形。

お家でもぜひ、色々な形を作ってみてくださいね。

 

 

 

 

次回は9月に科学のエレメンタリークラスがあります。

またお知らせしますので、ご参加ください!!

 

 

続きを読む

2018年

6月

16日

6月 こども園「光と影の不思議」

「光と遊ぶ」をテーマにOHPを使って絵とお話づくりをしました。

 

壁に四角い光の映画館が出来てその中にカラフルな色や文字を写しました。

何よりも楽しかったのは光の中に飛び込むこと。自分の影がくっきりと浮かびました。OHPの使い方を覚えた後は3つに分かれたチームでお話づくり。

 

「地震について」「1年生になったよ」「かわいい動物園」と3つのストーリーが生まれ、少ない時間の中でリハーサルをしてすぐに本番!透明のシートに透明折り紙で切り貼りした絵を動かしたり、重ねたり工夫してドキドキワクワクの発表でした。

 

また、続きの活動をしてみたいです。

続きを読む

2018年

6月

16日

6月 みなみ園「太陽系の惑星」

私達が住んでいる地球は、太陽系の星です。宇宙のたくさんのチリやガスが引き寄せられて、太陽が生まれそして、たくさんの惑星が生まれました。地球・月・太陽との位置関係を、実際にお友達3人で動きながらシュミレーションしてみました。

「土星はね、氷の粒で出来ているんだよ」「くっついているのかな」

こども達の疑問も宇宙の広さと同じように無限に広がり生まれます。

 

 

水星・金星・火星・木星・・・一つひとつの惑星の絵と特徴を書き出して、「たいようけいのわくせい」の冊子をつくりました。夜空を見上げたとき、一番光っている星は、金星! 宇宙の不思議を学びました。

 

続きを読む

2018年

5月

20日

科学クラス

続きを読む

2018年

4月

28日

4月 幼保園「おしごとと刺繍返還」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度初めてのエレメンタリークラスでは、前半に久しぶりにおしごとをしようというテーマで活動をしました。

 

まず、椅子に座って一言。

「椅子が小さい!!」

1年生は1ヵ月前まで座っていた椅子ですが、今では小さく感じるようですね。

 

人気だったものは、

・切り紙で桜のタペストリー作り

・組み紙

・色水の実験

・ろうそくの実験  でした。

 

久しぶりに会う仲間との会話も弾み、賑やかな時間となりました。

 

 

そして後半は、刺繍返還式。

1年生から「今まで飾らせていただきありがとうございました」の気持ちを込めて、刺繍を返還させていただきました。

1年ぶりの自分の刺繍を見て、作っていた時のことを思い出し懐かしんでいるようでしたよ。

 

今度はぜひ、お家に飾ってくださいね!

 

 

次回は5月19日に科学のエレメンタリークラスがあります。

みなさんのご参加を楽しみにしています!

続きを読む

2018年

4月

28日

4月 みなみ園「刺繍返還式」

久し振りに1年生から3年生が揃って、ひかりのお部屋でおしごとを楽しみました。「これしてもいいかな?」と棚から運んでくると、くつや鏡を磨いたり、小布を洗ったり、国旗の色塗りをしたりと会話も楽しみながらのおしごとの時間でした。

 

刺繍の返還式では3年生が司会をし、誕生日を聞いたり、好きな教科や好きな給食のメニューを発表したりと和やかな時間を過ごしました。また、1年生から「1年間飾らせて頂いてありがとうございました。」と2年生の元へ刺繍をお返しし、2年生達は懐かしそうに眺めていました。

 

次回は、5月19日土曜日で科学が幼保園であります。またお会いできることを楽しみにしています。

続きを読む

2018年

4月

14日

4月こども園「新聞づくり」「せっけんづくり」

1人また1人と集まってくると、なんだかちょっと久しぶりであたたかい気持ちになりました。

 

今日のエレメンタリーでは、自分が通っている学校を紹介する「こども新聞」と「せっけんづくり」をしました。

せっけんづくりでは、白・黄・青の中から自分の好きな色を1つ選んでつくり、自分の色をあげたり、人の色をもらったりしてデザインしたせっけんを完成させました。

続きを読む

2018年

2月

24日

2月 科学「いろ いろいろ」

今年度最後のエレメンタリークラスは科学クラスで「色々な色」を見ました。

初めに、受験生が使う様な赤や緑の

シートで広告や冊子を見てみると、赤や緑の部分が消えて見えました。それを踏まえて、赤と青のシートが挟まった立体メガネを使って、赤と青で書かれた立体写真を見てみると、浮き出て立体的に見えました。みんな浮かび上がったものを触ろうとして盛り上がっていました。立体に見える仕組みを教えてもらいましたが、こどもたちの反応はやや薄く、それよりも立体に見える感覚に夢中でした。

次には紫キャベツを使って、様々な色を作りました。紫キャベツから抽出した紫の液体に、別の液体を4種(酢、クエン酸、重曹、炭酸ソーダ)とミカン汁を入れてみると…「わー!きれい‼」と、ピンクや青、緑に。色の変化に驚いていました。

他にも、蛍光や蓄光、光ファイバーや、偏光シートを使って、光の色も見ました。

 

色々な色を見て、色々な発見をしました。目と頭をたくさん使った2時間。

楽しかったですね!!

 

科学の田中利男先生ありがとうございました。

来年度もどんな実験や科学に出会えるのか楽しみですね!

 

今年度もエレメンタリークラス、みんなで楽しい時間を過ごせました。

活動しながら話す、小学校のことや、ウィズチャイルドにいた時のこと等を聞くのも楽しかったですよ!

3年生はまたいつでもお顔を見せに遊びに来てくださいね。

1,2年生はまた来年度もエレメンタリークラスで楽しみましょう‼

 

続きを読む

2017年

12月

12日

12月 こども園「クリスマス飾り作り・雪だるまボーロ作り」

みのりのお部屋のクリスマス飾りを見ながらウキウキした3人は、久しぶりの再会に会話が弾みます。

「小学校より保育園の方が楽しかった気がする。」という発言に「うちもうちも」と頷く2人。

しっかりと保育園の先生に気を使えるようになりました。

 

今回のエレメンタリーは3つの事をしました。

1つは前回のエレメンタリーで行った「くさる」実験結果の発表。

みのりのお部屋の友達が実験を引き継いだ『土に埋めたバナナやビニール、ダンボールが溶けてなくなるか』を写真で確認しました。腐った物に興味がある3人は、真剣に話を聞いていました。

 

もう1つは、フィンランドの伝統品、ヒンメリ(クリスマスオーナメント)を作りました。細いストローをワイヤーに通して形を作る時「上手だねー」「早いね」と褒め合う姿が微笑ましかったです。

 

最後に、「雪だるまボーロ」を作りました。一人ずつ自分のボールに材料を入れて混ぜました。牛乳の量でゆるいボーロになった子もいましたが、ラッピングするとどれもお店で売っているように素敵に出来ました。

盛り沢山な2時間は、あっという間に過ぎていきました。

 

来年、また沢山のお話楽しみに待っていますね。

続きを読む

2017年

12月

11日

12月 みなみ園 「クリスマスパーティー♪」

12月のエレメンタリー、テーマは3つ。

 

一つ目はクリスマスオーナメント作り。たくさんの材料の中から自分で選んで、クリスマスカードや、まつぼっくりツリーなど制作しました。久しぶりの再会に、手を動かしながら、おしゃべりも止まらず賑やかでした。

 

2つ目は、みなみ園で黄バッチの時に奏でたハンドベル演奏「まきびとひつじを」を、今日の最後にお家の方に披露すること。もちろん大成功でアンコールまで頂きました。少しの時間の練習で演奏ができるこども達のすごさを親御さんに褒めてもらうと、みなさんは得意げな表情に。

 

3つ目は、パーティーの準備です。クラッカーに、生クリームやマシュマロ、バナナ等をトッピング。それとヨーグルトもトッピングアレンジをして準備完了。みんなで乾杯をして、楽しいひと時を過ごしました。

「学校で親友いる?」という質問をすると、全員が、「いるいる2~3人いるよ!」と応え、小学校での友達関係の豊かさも伝わり嬉しく思いました。

 

3年生のみなみ園でのエレメンタリーは最後になりますが、またいつでも遊びに来てくださいね。来年は2月に科学のエレメンタリーがあります。

 

また来年も、懐かしい学び舎でお待ちしています。

続きを読む

2017年

12月

09日

12月 幼保園 「スコーン作りとハンドベル」

今月のエレメンタリークラスは、スコーン作りとクリスマス装飾作り、ハンドベルの演奏をしました。

 

「スコーンづくり好きだったー!」と懐かしそうにしながらスコーン作りが始まりました。

今回は、粉を85gに量るところから自分たちでやることにしました。

 

水や油を入れて混ぜたり、4等分にしたり、飾りを付けたりと手順の書かれた本を見ながら、手際よく進める姿に、さすが小学生だな~と感心しました。

 

4人がスコーン作りをしている間に、待っている人たちはクリスマスの飾り作りをしました。

フェルトツリーでは、それぞれが好きなビーズを縫い付けていて個性豊かな作品になっていました。多面体折り紙は、一度折り方を覚えるとあとは自分で折り、組み立てて仕上げていました。毛糸のポンポンリースでは、ポンポンを丸くするために細かくカットするなどこだわる姿もありました。

 

「連続数やってたよね」「好きな給食はサバの味噌煮だった」など、制作しながら幼保園での思い出話にも花が咲きます。

先生たちも、みんなとの会話が楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間に感じました。

 

 

スコーンが焼けてきたころ、自分でやりたい音を決めてハンドベル演奏の練習を始めました。

3年生は、2つ持てる!ということで2つのハンドベルを持って演奏することに。

楽譜を見ながら、リズムに合わせて自分の音が来るのを待つみんなの表情は真剣そのもの。

 

そして、お家の方にもハンドベルの演奏を披露しました。

ひとつひとつの音がつながって、とても素敵なハンドベルの演奏になりましたね。

 

 

 

その後、スコーンを食べて小さなお茶会もしました。

とても楽しいひとときを過ごすことができました。ご参加ありがとうございました!

 

次回は、2月に科学のエレメンタリークラスがあります。

ご参加お待ちしております!

 

続きを読む

2017年

10月

14日

10月 科学クラス 「酢に溶けるもの」「水の電気分解」

今日のテーマは二つ。
一つ目は酢の中に、様々な物を入れ、何がどの様に溶けるのかを実験しました。
まず卵の殻を入れてみると、少しだけ泡が出てきました。「これって溶けてるのかな?」と疑問に思いながら、次にホタテの殻を入れてみるとブクブクとたくさんの泡が現れ「溶けてる!」と歓声があがりました。

そして、サンゴやアサリの殻も入れてみて、様子を観察していると、先ほど入れた卵の殻がいつの間にかヒビがいったり、柔らかくなっていました!

こどもたちはそんな少しの変化も見逃しませんでした。
次にウズラの卵を入れてみると初めは何も起こりませんでしたが、しばらく経つと、どこからか「白くなった!」の声が!見てみると、ウズラの殻の模様が取れて白い卵に大変身。科学の利男先生も知らなかった大発見をしました。そのままウズラの卵を酢に漬けていると、殻が柔らかくなり取れやすく、薄皮だけ残して殻を剥いているいる人も。面白い発見がたくさん出てきた実験でした。

 

二つ目の実験は水の電気分解を楽しみました。水の中に電池に繋げた電極を入れます。電極の先に、クリップ、金網、シャーペンの芯、銅線などを付けて、いろいろ試してみました。アルカリに反応するとピンク色になる液を入れてみると…水が分解され、水素のところがピンク色に!そのまま電気を流し続けると、電極に付けた銅線から緑色のものが出てきたり、水が茶色になったりと、電気分解によって様々な反応も見られました。

 

今回の科学のクラスもたくさんのやってみよう!とたくさんの発見をして、楽しい時間を過ごしました。

 

次回のエレメンタリークラスは12月に開催します。

皆様のご参加を楽しみにお待ちしております!!

続きを読む

2017年

6月

17日

6月 こども園 自然の大切さを話し合いました

時間になり3人が揃うと、みのりのお部屋をうろうろ。

「ピアノがこっちに移動したの?」「ここ見てもいい?」とお部屋の確認から始まりました。

 

ホワイトボードには、算数の式が書かれ学校で学んでいることを教えてくれました。

 

まずは、キーホルダー作り。シールやテープ、折り紙等から素材を選び自分でデザインしました。

完成したキーホルダーは、サマーキャンプのリュックにつけて行こうねと約束。

どれも細かな工夫があり素敵なデザインでした。

 

その後、自然の大切さを話し合いました。虫がいてくれるから良い土を作ってくれること、良い土は元気な植物を育ててくれることを知りました。

 

それでは実験。紙やビニールを土の中に埋めたら土になるの?バナナを土の中に埋めたら溶けるの?

1人ずつ予想を立ててから園庭に埋めてみました。

 

次回、こども園に来た時に実験結果がわかります。

続きを読む

2017年

6月

17日

6月 幼保園「長さを測ろう(恐竜メジャー)」

今回のエレメンタリークラスは、「長さを測ろう」というテーマでした。

 

長さってなんだろう?という話から、「肘から手首の長さは、体のどこかの長さと同じ」ということをみんなに伝えたところ、顔やお腹など色々なところを探していました。

さぁ、どこだと思いますか?

 

 

実は、足の大きさと大体同じなんです!

 

 

そしてその他にも、自分の体の部位を調べてみました。「胴体の長さと腕の長さが一緒だ!」など、面白い発見もありましたよ。

 

次に、150㎝までのメジャーをつなげていき、玄関からひよこのお部屋までの長さを測ってみました。なんと、その長さは24m!大人もこどもたちも驚きました。

 

そして、みんなが大好きだった生命の歴史を思い出しながら、恐竜の大きさが分かる「恐竜メジャー」を作りました。

「ティラノサウルスは14mだって!」など知っている恐竜が出てくると嬉しそうにしていたり、「綺麗に作りたい…」と丁寧に作業をしていたりそれぞれの恐竜メジャーを作りました。

最後までは作れなかったけど、家に帰って続きをする!という人もいたので、ぜひ作って完成させてくださいね。最後まで作ると、26mのマメンチサウルスまで測ることができますよ。

また、大きな公園などで広げて、恐竜のいた時代を想像するのも楽しそうですね。

 

 

次回は9月に科学のクラスがあります。日にちが決定しましたら、お伝えしますね。

ご参加を楽しみにしています!

続きを読む

2017年

6月

10日

6月みなみ園 フィールドビンゴゲーム

6月のエレメンタリーは野外でのモンテッソーリ活動、みんなで大谷戸公園に出掛けました。

初夏の自然の公園は本当に気持が良くて、まずはみんなで大の字になって寝転がり目を閉じて、五感を研ぎ澄ませます。

何が聞こえる?何を感じる?背中に当たる地面はどんな感じ?う~ん・・・それぞれ感じることは違います。「背中がチクチクする」「ちょっと暖かい」「雲が灰色、もうすぐ雨が降るよ」「風の音が邪魔で、水の音が聞こえない」など感性に響いた言葉が次々に出てきます。

「フィールドビンゴゲーム」では、2人ずつペアーになってビンゴカードの項目にあるものを見つけます。"手より大きい葉っぱ” ”みずの音” ”ちくちくするもの” ”黄色い葉っぱ” ”鳥の声” ”かおに見えるもの” ”いいにおいのするもの”などなど・・・2人で確認できたらしるしをつけます。発見したものについて話し合い、それぞれ発表してもらいました。

最後に1つのりんごを分け合って食べました。何人いる?何等分したらいい?「まず半分にして2分の1、それをまた3分の1にして・・・」と、こども達の考えにそって全員が納得するように包丁で切り分け、みんなでおいしくいただきました。今日の野外でのモンテッソーリの時間は、自然環境の中で宝物を発見した、とても豊かな時間でした。

 

次回9月は、幼保園での科学のエレメンタリーです。どうぞお楽しみに!

続きを読む

2017年

5月

20日

5月 科学 1年生クラス「初めての実験」

今回のエレメンタリークラスの科学は、1年生と2年生以上に分かれて実施されました。

 

1年生は初めての科学ということで、簡単に楽しめる実験を行いました。初めに磁石を使って使い捨てカイロの中の鉄を集める実験を行いました。カップに入れて振るとあっという間に磁石の周りに砂鉄がくっつきお団子のようになりました。

 

続いて紙オムツの中身をコップに取り出して水をかけるとどうなるかの実験ではあまりの吸水力に「すごい!」と声が上がっていました。水をたっぷり吸ったゼリー状のポリマーに塩を入れて混ぜると…水と中身に分離し元通り!「なんで?」と不思議そうに液体を眺めていました。

 

釘と電池、磁石を使ったくぎモーター作りでは苦戦するこどもも多かったですが、うまく回そうと集中して取り組みました。電池を反対にすると回り方も反対になることを発見しました。

 

そして最後はCDの穴にビー玉をつけてCDこまを作りました。キラキラのテープで飾り付けて満足そうでしたが、そこに赤青緑3色のLEDライトを当てると光の反射と屈折で更に綺麗に見える事を知ると、机の下の暗いところに潜って光の変化を楽しんでいました。

 

色々な現象を実際に見ることができて、こどもたちは「早く次やりたい!」と大興奮でした。次の科学クラスではどんな実験をするのか楽しみですね!

続きを読む

2017年

5月

20日

5月 科学2年生以上クラス 「分解」

2年生以上のクラスでは、分解をテーマに活動を進めました。

おもちゃや時計、ライトをドライバーやペンチで分解しました。どんな部品からできているのか予想しながら「ライトだから電球はあるはず」「動きそうだからモーターかな?」「まだまだ分解できる」と小さな部品まで逃さず分解を進めていました。早く分解し終えた人で、そこから「ここのネジが足りない」などと試行錯誤しながら復元している姿には、小さな技術者、研究者を見ているようでした。

今度は、食べ物の中に入っている、デンプン質の分解について実験しました。

片栗粉に薄めたヨードチンキを垂らしてみると…デンプンに反応して濃い紫色に…!

では、じゃがいもは?レモンは?バナナは?食パンでは?と反応を確かめていました。食パンでは、少し口に含み30回程噛んだ物にもヨードチンキを垂らしてみると、紫が少し薄くなりました。デンプンが分解されたのでしょうか…?!デンプンがあった所にビタミンCをかけてみたり、消化薬を使ってみたり、デンプンの分解の様子を体感していました。

他にも、備長炭電池を作り電気が通るかを実験してみたり、様々な不思議や構造を体験を通して楽しんでいました。

 

少し難易度もあがり、ワクワクするような実験が盛りだくさんでした。次回もどんな体験ができるのか楽しみですね!

続きを読む