大切にしていること

ウィズチャイルドでは、『一定のルールの中で自由に個性を表現できる環境』を大事にしています。ですから職員もこどももみんな私服で過ごします。さらに保育所は『生活の場』ですから、私服であってもいつ汚れてもいい作業着ではなく、それぞれが心地よい生活着で過ごします。

 

また、テレビや漫画のキャラクター等で興味を引く事は子ども自らの『生み出す力』を阻害すると考え環境から排除しています。職員と子どもの服装から持ち物全てにおいてその考えに則ってご用意していただきます。つまりキャラクター付きや派手な柄の服装ではなく、環境に溶け込む質素な服装選びになります。保育園にテレビのお人形などは持ちこまないようご協力お願い致します。

 

また職員は一番身近で影響の強い人的環境であるとの考えに基づき、言葉使い・所作・服装に至るまで良い影響となるべく心がけます。具体的にはこども主体の生活環境を守るために、おとなが必要以上に存在感を持たないようにします。大きな声で話さない、ドタバタ歩かない、セカセカ動かないといった具合です。こどもは大人をいつも見ていて真似をしながら育ちます。大人はこどもに将来なってもらいたい品位ある所作を身につけましょう。女性であれば女性らしさを大事にする為にスカートも推奨しています。先生のような大人になりたいと子どもに思ってもらえる、また保護者の皆様に安心感をもっていただける、そんな大人像を見せる事も大切な保育環境づくりのひとつと捉えます。