職員の感動のひと言

先日ある職員からとても素敵なお話をいただきました。

「保育の理想を語り合う際、現実を悲観的に評価する者もいるが、

人員や経験が不足していても、そのメンバーでできる精一杯のその一歩上の保育を目指して前向きに取組むのが仕事ってもんでしょ。」と。

 

有り難い言葉です。一日も早く理想の職場環境を形作る事に全力を尽くします。