9/4 小学校内の学童を見学

午前中は来客対応。内容は保育士のメンタルヘルスケアについて。職員ひとりひとりが少しでも気持ち良く働ける職場づくりを目指し、当社でも導入できるか、まずは自分自身で体験してみることにした。いろいろ話を聴き説明を受ける中感じた事、やはり良い労働環境は与えて与えられる関係である内は決して叶う事はない。本当に良い労働環境とは、会社と職員みんなで創るものである。今向かっている方向性にあらためて確信を持つと同時に、まだまだ山積みの課題も再認識した。だからこそ、たゆまず進もう!

 

午後は、一小の学童を見学。大人の必要性と子どもの必要性が必ずしも一致していない事実もまた興味深い話だった。放課後のこども達に本当に必要な環境とは何なのか?これからも探っていきたいと思った。懐かしい卒園生も多く居り、彼らのたくましさと触れ合う事もでき、そして思っていた通り保育所との連携の必要性を感じた。できる事は積極的に取組んでいきたいと思い、多摩中の通学路を懐かしみながら歩いて帰った。あたたかくご案内頂いた皆様、ありがとうございました。/おわり