たすく齊藤宇開氏の講演会終了も熱冷めやらず

令和元年5月25日、皆様にご案内しておりました講演会「科学的根拠に基づく発達の理解と療育(2回目)」が大盛況で終了いたしました。たすくグループ代表の齊藤宇開氏の話を聞いていると、今までモヤっとしていた一つ一つの経験が、理論として頭の中でカチャカチャと音を立てて組みあがっていくような気分になります。「ほらほら、あれがそうか!そういう事か。え~⁉なるほど~。」の連続でした。内容盛りだくさんで時間延長して終わったにもかかわらず、その後の質問相談に参加者の列が。ウィズチャイルドでの振返りの時間では、広い視点で未来を見た時の保育所の使命についても熱く語られ、主催の私は感動と宿題の多さのあまり、もう今日は眠れません。しかしながら、たすくの目指す一貫性と継続性は我々ウィズチャイルドも目指すところ。今日を明日にどう生かすか、ここからのアイデアと行動が大事なのです。皆様、自分の引きだしにしまって終わりではなく次の行動をご一緒に模索しましょう。宇開さん、そして集いし皆様、本日はほんとうにありがとうございました。

保育と療育の連携は必須です!チャレンジ!と言ってましたが、必須!に変えます。