保育所における理想の職員配置基準とは?

よく聞く話、「保育所の職員配置基準0歳児3:1、1~2歳児6:1、3歳児20:1、4~5歳児30:1は、実際無理だよね。」果たして本当にそうだろうかと考える。現場は間違いなく足りないという。ましてや個別配慮の必要なこどもがいたら更に足りないと言う。では一体何人いれば満足のいく(こどもが?おとなが?)満足のいく保育が実現するのであろうか?幼稚園の現場では30人の3歳児や4歳児を1人の先生が担う。現場職員が悲鳴を上げる実態はあるが、それでも次第にその体制に慣れていく。特段社会から非難される事もなく見直されることもない。保育の世界からすれば、間違いなく30:1じゃ「個のサポート」はできないよね。となるが、多くの幼稚園がそれでも質の高い幼児教育をしていると自負している。はて、このズレは何だろうか?

 

3~5歳児に絞って話すが、多くの保育園や幼稚園を見てきて思う間違いない事がある、それは、先生は多くても少なくても足りる場合は足りるし、足りない場合はいつまでも足りないという事。結局はそこにいる先生がこどもになにをどう働きかけるかで答えは変わる、物的環境と人的環境をどのようなねらいを以って整えるかで、足りる足りないの結論は変えられるという事だ。例えばひとりのおばあちゃん先生が「あら困ったわ皆さんお願い」と言いながら、こどもの自立に火をつけ、ひとり担任でも正常化できている見事な幼稚園を体験した事がある。またガヤガヤと説教や注意が飛び交う主任含め3人担任でもぐちゃぐちゃな保育園を見たことがある。さて、では、我々ウィズチャイルドが目指すところはいったいどこか、その共通理解ができているだろうか。

ウィズチャイルド独自の職員配置基準は、0歳児2:1、1~2歳児5:1、3~4歳児10:1、5歳児15:1である。が、ズバリ、理想は30人にひとり担任でも自立生活が成立できるところを目指したい(5~6歳の日常的自立を確立させるという事)。ただ、たった一人で30人の担任をするという意味ではなく、ある環境枠や時間枠というポイントでは専門の援助者が対応してくれる環境をつくる。少しわかりにくいかもしれないが、つまり3人担任がいないとまとめられないとか運営が回らないとか、そういうレベルの話ではなく、明確な役割を持った大人は複数関わるが、クラス全体のコーディネーターというか、こども達のファシリテーターという存在は一人でも成立できるレベルを目指そうという事である。それは保育士がスキルアップすればいいという話ではなく、

そうなるような環境を創っていこうということだ。保育は環境が第一である。物的環境、人的環境、役割設定、関係性など、様々な環境の準備が必要という話である。

無理と思えば答えは無理となり、できると思えばひたすら目指すということだ。

 

モンテッソーリ教育には「ちいさな先生」という表現がある。おとなとこどもの関係性を、ひとりの先生と大勢のこども達という捉えではなく、大勢のちいさな先生と捉える。正常化(真に成長欲求が満たされた状態)されたこども達の居るお部屋では信じられないがほんとうにそれが実現できるし実感できる。「ほんとうのこどもが姿を現すのを信じて待ちなさい」という言葉もある。もともと人は成長願望、知的欲求を備え、誰しもがより良く育ちたいと願って生きていくようインプットされている。真の保育は、その本来ある力に対し働きかけることにある。そしてモンテッソーリ教育は「環境から働きかけなさい」という。

 

まさにこれだ、と思った出来事がある。それは一本の木とこども達の一年間の姿だ。人の育ちにとって最も偉大なる「先生」は「自然」である事は間違いない、こどもの行動がそれを証明してくれていた。木という存在から多くを学ぶ事ができる。それについてはまた別に記す。